抜け毛 脱毛症 改善 効果

抜け毛・脱毛症について記事一覧

脂漏性脱毛症

脂漏性脱毛症とは、通常は肌や髪を潤している半流動性の油脂状の物質、つまり皮脂が過剰に分泌されて頭皮の毛穴がふさがれ、そのために周辺に細菌が発生し、それが原因で毛根に炎症を起こし毛髪が抜ける症状のことをいいます。そう聞くと、毛穴をふさいだ皮脂によって髪が抜ける、と勘違いしがちですがそうではなくて、毛穴...

≫続きを読む

 

若年性脱毛症

若年性脱毛症は男性型脱毛症のひとつで、比較的若い世代・・・20歳過ぎたあたりで発症した場合をいいます。通常は、男性型と呼ばれる脱毛症は、40歳あたりから抜け毛症状が目立ち始め50歳以降に進行する人が該当します。ところが、若年性脱毛症は若いうちに発症するために、一般の男性型脱毛症とは区分されていますが...

≫続きを読む

 

粃糠性(ひこうせい)脱毛症

粃糠性(ひこうせい)脱毛症の原因は脂漏性脱毛症に似ているところがあります。脂漏性脱毛症は、頭皮から半流動性の油脂状の物質が過剰に分泌し、それに伴う毛根の炎症が原因です。(詳しくは脂漏性脱毛症の項を参照してください。)それに対し粃糠性脱毛症は、頭皮の角質に分泌物が混ざって乾いたうろこ状のもの(頭垢=フ...

≫続きを読む

 

牽引性(けんいんせい)脱毛症

牽引性(けんいんせい)脱毛症とは、文字通り髪が牽引される、つまり引っ張られることで生じる脱毛症です。特に、女性の場合、男性に比べ髪が長い人が圧倒的に多いわけですが、例えばその長い髪を後頭部で束ねてポニーテールにすることで、髪の特定の部位が、一定の方向へ長時間引っ張られ続けることになります。そうして引...

≫続きを読む

 

瀰漫性(びまんせい)脱毛症

瀰漫(びまん)とは「全面に(一面に)広がりわたる」という意味です。つまり、瀰漫性脱毛症とは、一部分ではなく頭部全体が脱毛症状をおこして薄毛になってしまう脱毛症です。これは女性に多い脱毛症の一つで、頭部の広い範囲においてどの部分も同じように毛髪が抜けて薄毛になります。年齢的には、多くが30歳後半以降の...

≫続きを読む

 

円形脱毛症

円形脱毛症は、自覚症状がなく、いつの間にか頭部に直径2cm〜3cm程度の大きさの円形の脱毛部分ができる症状の病気です。個人的差はありますが、1〜2個またはそれ以上円形の脱毛部分が発生することもあります。髪の長い人であれば、ある程度は隠すことができますが、短髪の場合は脱毛部が目立ち、精神的に苦痛を強い...

≫続きを読む

 

抜毛症

抜毛症(ばつもうしょう)とは、正常な毛を引き抜い てしまう癖によって、頭部に脱毛箇所が出現する精神疾患、つまり、正常な髪の毛を自ら引き抜いてしまい、薄毛や毛髪斑の症状が出る病気です。データの正確性は定かではありませんが、全人口の1〜3%が抜毛症を経験するともいわれていおり、比較的若い8〜10歳から2...

≫続きを読む